1. TOP
  2. 事業活動

事業活動

徹底した分別・加工により、古紙から
CD、玩具まで再資源化

不要になった紙を集め、加工し、その製品が再び人々に使われて、初めてリサイクルは完結する──。その考えをもとに、自己循環型の「クローズドリサイクル」を目指し、再資源化を積極的に行っています。資源化センターでは、プロの眼で資源となる紙と金属などの異物を分別し、古紙はプレス作業により加工。高付加価値の紙の原料にして、製紙工場に運びます。また、雑誌の付録や食玩も分別し、古紙以外のCD、玩具、プラスチック等の資源化も進めています。

リサイクル製品まで含めた
企画提案型リサイクルを推進

「クローズドリサイクル」の考えを一歩進め、回収された古紙を再資源化し、製紙メーカーに出荷するだけでなく、リサイクル製品のオリジナル企画まで行う「企画提案型リサイクル」を推進しています。製紙会社、印刷会社、出版社、デザイン会社と協力し、お客さまのニーズに合わせた魅力的なリサイクル製品を提案し、その製品化までトータルに支援。企業の環境活動やPR活動に貢献します。廃棄物の削減だけでなく、資源の有効活用を進める取り組みの一つです。

  • 「クローズドリサイクル」と普通のリサイクルはどこが違いますか?
  • リサイクル製品にはどのようなモノがありますか?

答えはQ&Aページへ>